Mac信者の僕がThinkPad X1 Carbonに乗り換えたわけ

ThinkPad X1 Carbonが届いた

2016年7月、家にThinkPad X1 Carbonが届いた。自宅で妻のためにふるさと納税でお礼の品として貰った。しかし、気がつけば自分の仕事用にフル活用していたのは今でも家庭に遺恨を残している

 

もともと僕はMac信者だった

もともと僕は10年以上Macをメインとして使用しているそこそこ敬虔なMac教の信者だと思う。大学初期くらいまではWindowsを使っていたのだがPCゲームをしなくなったことと、Macのシンプルなの使いやすさを飲み屋でとなりの席で一緒だったSEさんにプレゼンされてその翌日購入していたというまさにMac信者の布教によりMac教に改宗した人間だった。それから、ずっとiBook、MacBook Proなど新製品が出る度にお金と買う理由を探していたと思う。個人的にWindows PCのイメージは文字がにじむクソフォント、OSに使われている感じ、セキュリティ考えないといけないから面倒などが当時のイメージだし、今でもそう思っている。

仕事でWinが必要なことが増えた

しかし、時が経ち、僕は研究職についた。実験を繰り返し、そのデータを解析する。そして、そのデータを元に発表する。その繰り返し作業をしていた。しかし、データ解析ソフトはことごとくWindowsなのである。しかし、敬虔なMac信者である僕はBootcampでWindowsを立ち上げ、解析ソフトを回していた。不自由故の自由、そんな感じでMacを使っていた。何より、Windows機を買おうと何度も試みたが、Macのハードウェアの完成度持つことの喜びというものを一度知ってしまうとなかなか大手メーカーのWindows PCだと満足出来ない。満足できるような設計のノートPCは20万を余裕で超えるお値段で予算オーバー。かつ、余計なソフトも大量に入っていて、そのソフトを整理することが最初の仕事になるというのもWindowsPCを買うことを躊躇させていた。

さらに追い打ちをかける出来事が起きた。MacのOSアップデートでプリンターが使えなくなったのだ。OSアップデートすると大手メーカーのプリンターでさえドライバーが出るのは数ヶ月かかることもざらにある。その間、プリンターが一切使えないという非常に歯がゆい状況は苦境ではなく、死活問題化していた。いい加減、ちゃんとしたWindows買おうそう決意した。その矢先に、自宅にひょんなことからThinkPad X1 Carbonがやってきた。使ってみてハードウェアの完成度に感動した。

ThinkPad X1 Carbonのここに惚れた

キーボード

ThinkPad X1 Carbonは薄くサイズの割にはかなり持ち運びしやすいです。薄型のパソコンだと気になるキーボードの質感ですが、これが一番ThinkPad X1 Carbon使って良かったと感じることが出来るポイントでした。キートラベル(キーの深さ)は1.8mmあり、打鍵感にが素晴らしいです。1日下手すると5000文字以上原稿を書く僕にとってキーボードの質感は最重要のポイントです。これで満足できる機種がなかなか巡り会えなくてWindows購入をためらっていました。2016年現在モバイルノートの平均的なキーの深さは1.5mmで、軽ければ軽いほどその数値は小さくなります。薄型で人気のDELLのXPS 13は1.29kgで1.2~1.3mm程度のキートラベルです。ASUSのZenBook3は0.91kgで0.8mmです。そう考えると、X1 Carbonの1.18kgの軽さで1.8mmのキートラベルは驚異的で長時間文章もストレスなく打てます。

トラックポイント

キーボードを打鍵しながらホームポジションから手を動かさずにポインタを動かせる快適さが想像以上に便利です。買うまでこれって乳首と何が違うの?って思っていた自分を殴りたいぐらい便利。

ボディの高級感

天板の素材としてカーボンファイバーを利用しているのか通常のプラスチックよりも高級感があり、つやが消してあるあたりが好みです。

サイズの割に軽い

ThinkPad X1 Carbonは1.18kgと13インチクラスだと1kgアンダーのノートPCが出て来ている時代ですが、14インチ以上クラスでは最軽量です。昔の1.3キロクラスのノートPCから買い換えを検討されているなら十分この200グラムの差を実感できると思います。

ThinkPad X1 Carbonのここが惜しい

SDカードリーダーがない

13インチ以上のノートPCにはほとんどついているSDカードリーダーがThinkPad X1 Carbonにはついていません。軽量化と薄型化を追い求めた結果だと思いますが、そこそこヘビーユースするデバイスだったので少し残念です。

まとめ

久しぶりに仕事に快適さと持つことへの喜びを感じさせてくれたThinkPad X1 Carbonです。これから使い込んでもっとお役に立てる情報を提供できればと思っていますのでよろしくお願いします。

直販で買うと確実のその時点での最安値で買うことができます。(記事執筆時点 最大42%オフ)
限定クーポンで購入する
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

ページ上部へ戻る