仕事でノートPCを複数台買うならThinkPad Eシリーズがオススメ

 

仕事用PCは値段も大事ですが、それ以上に快適性も必要

事務所用に複数台PCを買う必要がある人も多いと思います。複数台となると1台買うのと比べるとコストもかかりますし、作業環境が悪いとスタッフの生産性も大きく下がりますので、仕事用PCは値段を気にしつつもハードウェアの完成度やメンテナンス性なども頭に入れて選ぶ必要があります。
結論から言うと現時点では複数まとめてPCを導入するならThinkPadEシリーズがコストパフォーマンスに優れていてオススメです。

デスクトップパソコンかノートパソコンどっちを選ぶか?

仕事用のPCを選ぶ場合、デスクトップパソコンかノートパソコンかどちらを選ぶか?が問題になります。

デスクトップPCを事務所で使うメリット

フルサイズで広々と作業できる。

機器一つ一つが場所をとりスペースをとりますが、その分快適に仕事が出来ます。しかし、それは同時にそれだけで机がいっぱいになるというデメリットでもあります。

コストが安い

スペックに比べてコストが安めです。しかし、モニタやキーボードなど周辺機器を揃えると結局ノートを買った方が安くなるということも多々あります。

デスクトップPCを事務所で使うデメリット

停電時にそれまでの作業データが全て消える

職場で利用するパソコン環境は、停電や自然災害のリスクというのは常に考えておかなくてはなりません。デスクトップパソコンだと停電の時にデータが全て消えてしまうリスクがあります。

本体やモニターが大きいため、場所・スペースが必要

デスクトップPCは、本体、モニター、キーボードがそれぞれ個別になっています。そして、1つ1つのサイズも大きいため、とにかく場所・スペースが必要です。オフィスデスクにデスクトップPCをおいてしまうと、それだけで場所がいっぱいになってしまいます。

配線が雑多になる

モニターとパソコンをつなげるケーブル、電源コードなどパソコン周りの配線が雑多になり、見た目があまり良くありません。

事務所用のPCとして、ノートパソコンを選ぶメリット

停電時もデータの保存、作業が行える

停電時でもPCの電源は落ちずに、それまでの作業データの保存を行うことが出来ます。

デスクトップに比べると省スペース

デスクトップPCと比べると、ノートパソコンは場所を取りません。作業が完了したら、ノートPCを閉じてしまえば、机の上もスッキリして、他の事務仕事も行えます。事務所のスペースは限られていますから、省スペースというのはメリットです。

配線が雑多になる

ノートPCは電源コードだけなのでデスク周りがすっきりします。

 

ノートパソコンはデスクトップパソコンと比べて性能が低くて価格が高い?

デスクトップパソコンは高性能で値段も安い。ノートパソコンは性能が低く、価格も高い。そう考えている方も多いです。

しかし、以前までは確かにそうでしたが、最近はそうとも言えなくなってきました。

メーカーもノートパソコンを主体に開発を進めており、ノートパソコンの性能もデスクトップPCと同レベル(もしくはそれ以上)です。

また、価格についても数年前と比べて、高性能なノートパソコンを低価格で入手可能になってきました

当サイトでは事務所用のビジネスノートPCとしてThinkPadシリーズで最もコストパフォーマンスに優れた「ThinkPad E460」がオススメです。

Intel Core i5 CPU、メモリー4GB、HDD容量500GBという、事務仕事には十分なスペックのThinkPad E460クーポン券を併用することで5万円ちょっとで買うことが出来ます。(ThinkPad E460を購入

 

オフィスに最適なビジネスノートパソコンとしてThinkPadをすすめるわけ

価格が安い

ビジネス用ノートパソコンといったらPanasonicのレッツノートなどが人気ですが、非常に値段が高く、事務所に大量導入は予算的に厳しいです。コストパフォーマンスとハードウェアの完成度から、当サイトではThinkPadのEシリーズをオススメします。ThinkPadは、IBMが開発していたノートパソコンのブランドで、中国のレノボに買収後も、日本国内(神奈川県の横浜市みなとみらい)にて開発が進められています。そのパフォーマンス、使い勝手、丈夫さから、IT業界だけでなく様々な業種のプロフェッショナルたちにも愛用されている老舗有名ブランドです。IBM時代は非常に高価なノートパソコンでしたが、レノボ買収後はやや値段がこなれてきて非常に導入しやすいパソコンとなっています。

キーボードが打ちやすい

ThinkPadシリーズはレノボに買収されるまえからキーボードの打ちやすさに非常に定評があるノートPCです。買収後もThinkPadの開発拠点は日本ですし、改良を重ねて他のノートパソコンの追随を許さない打ちやすさです。事務仕事は基本キーボード仕事だと思いますので、ストレスが少ない完成度の高いキーボードを持つノートパソコンの導入がオススメです。

バーツ交換がしやすい

HDDなどが非常に交換しやすいのがThinkPad Eシリーズの特徴です。経年変化で動きが悪くなってきた時とかも修理用パーツがネットで手に入るのでメンテナンスしやすく、ランニングコストが浮きます。

ThinkPadブランドのノートパソコンは何種類もある

ビジネスノートPCの鉄板ブランド「ThinkPad 」にはいくつもシリーズが用意あります。

ThinkPad Xシリーズはフラグシップ機のX1Carbonなどの携帯性の高い機種が、ThinkPad Tシリーズはより大きな解像度が必要な作業用のラインナップ、といった具合です。事務の仕事用のノートパソコンをであれば5万円以下から導入できる、ThinkPad Eシリーズがオススメです。

ThinkPadが約半額で安く買えるクーポンはこちら

オフィス作業にピッタリなThinkPad Eシリーズには2種類ある

ThinkPad Eシリーズの2種の違いを比較

ThinkPad Eシリーズは今現在2タイプあり、違いは画面のサイズと、DVDドライブの有無です。E465、E565というモデルもありますがそれはAMDプロセッサを搭載しているモデルです。値段もやや割高ですし、AMDが好きなどの理由以外ではオススメしません。

ThinkPad E460 ThinkPad E560
画面サイズ 14インチ 15.6インチ
CPU Intel Core(第6世代) Intel Core(第6世代)
DVDドライブ なし あり
キーボード テンキー無し テンキーあり


ThinkPad Eシリーズの選び方

まずは必要な液晶モニター(画面)サイズを選択

必要な画面サイズが14型なのか、15.6型なのかをまず考えましょう。

参考までにそれぞれのモニターサイズですが、
14型(14インチ)は横30.94cm × 縦17.42cm
15型(15インチ)は横33.15cm × 縦18.67cmです。

14型であれば、ThinkPad E460、15.6型であれば、ThinkPad E560を選びます。

キーボードも考える

15インチのThinkPad E560はテンキーがついてきます。個人的には必要性を感じませんが、数字入力が多い職場では非常に使いやすいはずです。

DVDドライブの有無は重要度が低い

最後に、DVDドライブですが、最近はデータの受け渡しはUSBディスクがほとんどでDVDの使用頻度は減っている職場が多いのではないでしょうか?DVDドライブが搭載されていない14インチのThinkPad E460、E465でも、USB接続の外付けDVDドライブを必要なときに後から買えば使うことができます。ですので、DVDドライブの有無で選ぶ必要はありません

ThinkPad E570は?

ThinkPadのCPUが刷新されたモデルがもうすぐ発売されますが、事務仕事に最新機種が必要かどうかと聞かれれば、現行モデルの十分だと思いますので必要なときがThinkPad Eシリーズは買い時です。

ThinkPadを安く買う方法

ThinkPadのメーカー直販サイトでは、注文時に使える割引クーポンが配布されています。

この割引クーポンを使うことで、定価の●●%引きでThinkPad Eシリーズを買うことができます。

割引クーポンはもちろん1台から使えますし、複数台まとめて注文する時も使えます

ですので、家電量販店で買うよりも、メーカー直販サイトで注文したほうが数万円安くThinkPadを買うことが出来る場合もあります。

 

ThinkPadを買うときは是非メーカーのクーポンを使って購入をしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

ページ上部へ戻る