ThinkPad T460sを自腹で購入。

職場用のThinkPadが欲しい

職場のMacBookAir13がそろそろ限界だ。マシン的には十分戦えるがUSBポートが反応しない。プリンターに繋ぐことが出来ないは死活問題だ。そこで、MacBookAir13には引退してもらって職場のサブマシンとして仕事をしてもらうことにして新型PCを購入することを決めた。そこで、候補に挙がったのは家で使っているThinkPad X1 CarbonなどをはじめとするThinkPad シリーズに今回はしようと考えました。どうしても試してみたかったのでT460Sを今回は購入することにしました。

職場で使うのは14インチか15インチ

職場で使うのでモニタサイズが大きめのPCを買おうと検討すると14インチと15インチのどのPCにするかで検討に入った。

15インチ

  • ThinkPad E560

14インチ

  • ThinkPad E460
  • ThinkPad T460S
  • ThinkPad X1 carbon
  • ThinkPad X1 Yoga

これだけ15インチと14インチではラインナップ揃う。まず、持っているということでネタにならないThinkPad X1 carbon、タッチパネル不要&予算のオーバーでThinkPad X1 Yogaが脱落。よくよく考えたらテンキー不要、光学ドライブ不要ということでThinkPad E560が脱落。残るはThinkPad E460とThinkPad T460S僕の中で一騎打ちとなりました。

決め手?道具として使ってみたかった。

持ち運ばないのでE460を購入することもいいかなと思ったのですが、一度スタンダードモデルを購入して触ってみたいと少し高めですが、T460Sを購入しました。スペック的には大体同じにするとE460の方が絶対安くなります。しかし、僕はT460Sを購入しました。理由は道具としてこれから4年間使うものを妥協したくない、買ってやっぱり安いし完成度劣るなとか思いたくないですし、海外サイトでも迷うなTシリーズを買えとおススメしているレビュワーさんも多かったので今回はT460Sを購入することにしました。

買ったスペック

 

  • プロセッサー インテル Core i7-6600U プロセッサー (2.60GHz, 4MB)
  • 初期導入OS Windows 10 Home 64bit
  • 導入OS言語 Windows 10 Home 64bit – 日本語版
  • Microsoft ソフトウェア Microsoft Office Home and Business Premium – 日本語
  • ディスプレイ 14.0型FHD液晶 (1920×1080 IPS)
  • グラフィックス インテル HD グラフィックス 520
  • メモリー 12GB PC4-17000 DDR4 (4GBオンボード+8GB (1スロット使用))
  • カメラ カメラ(HD 720p対応)あり、マイクロフォンあり
  • キーボード 日本語キーボード (バックライト付)
  • 指紋センサー 指紋センサーあり
  • TPMセッティング TPMあり(TCG V2.0準拠)
  • ハード・ディスク・ドライブ 256GB ソリッドステートドライブ SATA (OPAL対応)
  • カード・スロット スマートカードリーダーあり
  • フロント・バッテリー 3セル リチウムイオンバッテリー (23.5Wh) 前面
  • リア・バッテリー 3セル リチウムイオンバッテリー (26Wh) 背面
  • 電源アダプター 45W ACアダプター
  • ワイヤレス インテル Dual Band Wireless-AC 8260(2×2) + Bluetooth 4.1 vPro非対応
  • ディスプレイタイプ 14.0型FHD液晶 (1920×1080 IPS 光沢なし) カメラあり、マイクあり

気が付けば中国生産

気が付けば中国生産になっていましたが、あまり気にしません。この構成で限定クーポンを使用して、¥258,120が¥149,710にまでディスカウントされました。

最大42%オフの限定クーポンはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

ページ上部へ戻る