ThinkPad 14インチモデルを徹底比較買いはどれ?

ThinkPad 14インチモデルを徹底比較買いはどれ?

ThinkPadで最も多く機種がラインナップされているのは14インチで す。14インチのThinkPadだけでもThinkPad T460S、ThinkPad X1 carbon、ThinkPad X1 Yoga、ThinkPad E460と4機種もラインナップされており、どれを買うかで悩んでしまいます。今回はThinkPadほしいけど違いがよくわからないと思っている方に14インチモデルの各特長を紹介していきます。

各モデルの紹介

T460S

ThnkPadのスタンダードモデル。堅牢性、完成度、コストパフォーマンスに優れているモデルです。

ThinkPad X1 carbon

軽さは正義のクラムシェルモデル。Carbonを使用したボディの質感は素晴らしく、持つことに喜びを与えてくれるPCです。

ThinkPad X1 Yoga

タッチパネル搭載でタブ裂路にもなるモデル。タブレットとして使うとかなりの完成度で良い感じです。

ThinkPad E460

圧倒的コストパフォーマンスは他の追随を許さない、普及型のThinkPadしかし、安いからと言ってブランド名を傷つけない完成度を誇ります。

スペック比較

T460s X1 carbon X1 yoga E460
CPU 第6世代 インテルCoreプロセッサー 第6世代 インテルCoreプロセッサー 第6世代 インテルCoreプロセッサー 第6世代 インテルCoreプロセッサー
最大メモリ 最大24GB

(PC4-17000 DDR4 SDRAM)

最大16GB

(LPDDR3 SDRAM)

最大16GB

(LPDDR3 SDRAM)

最大16GB

(PC3L-12800 DDR3L SDRAM SODIMM)

ストレージ SSD SSD SSD SSD/HDD/SSHD
ビデオチップ インテル® HD グラフィックス 520
NVIDIA® GeForce® 930M
インテル® HD

グラフィックス 520

インテル® HD

グラフィックス 520

インテル® HD グラフィックス 520
AMD Radeon™
R5 M330 グラフィックス
AMD Radeon™
R7 M360 グラフィックス
解像度 FHD IPS液晶 (1920×1080)
タッチパネル(10点)
FHD IPS液晶 (1920×1080)
WQHD IPS液晶 (2560×1440)
WQHD IPS液晶 (2560×1440)
FHD IPS液晶 (1920×1080)
WQHD IPS液晶 (2560×1440)
タッチパネル(10点)
FHD IPS液晶 (1920×1080)
タッチパネル(10点)
14.0型 FHD 液晶 (1920×1080)
HD 液晶 (1366×768)
外部インターフェース HDMI x1、MiniDisplayPort x1、RJ-45 x1、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック、 ドッキングコネクター Lenovo OneLink+ x 1、miniDisplayPort x1、HDMI x1、マイクロフォン・ヘッドフォンコンボジャック Lenovo OneLink+ x 1、miniDisplayPort x1、HDMI x1、マイクロフォン・ヘッドフォンコンボジャック HDMI x1、RJ-45 x1、Lenovo OneLink x1、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
インターフェース(USBポート) USB 3.0 x 2、 Powered USB 3.0 x 1 USB 3.0 x 2、Powered USB 3.0 x 1  USB 3.0 x 2、Powered USB 3.0 x 1  USB 3.0 x 2、Powered USB 3.0 x 1
カードスロット 4 in 1メディアカードリーダー

スマートカードリーダー

microSD
カードリーダー
microSD
カードリーダー
4-in-1メディアカードリーダー
 重さ  1.36kg 1.18kg 1.36kg 1.9kg
 駆動時間 約10.3時間 約9.8時間 約9.8時間  約9時間
値段  ¥172,800  ¥208,440  ¥255,960  ¥68,040から
限定クーポン価格 ¥109,544

37%OFF

購入はこちら

¥120,895

42%OFF

購入はこちら

¥148,457

42%OFF

購入はこちら

 ¥56,635

27%OFF

購入はこちら

持ち運びするか否か?

頻繁に持ち運びをするのであればThinkPad X1 CarbonかThinkPad X1 Yogaが重量的にはオススメです。T460Sも週に数回なら持ち運ぶことが出来ると思いますが常備というと辛いです。

SDカードリーダーは地味に使える

ThinkPad X1 Carbon、ThinkPad X1 YogaにはマイクロSDカードしか入りません。しかも、本体後面にあり実用性は皆無に近いです。フルサイズのSDカードが使えるモデルはThinkPad T460S、ThinkPad E460の2モデルになります。そこまでの頻度ではないにせよ、あると本当にありがたみを感じるオプションです。特にデジカメで写真を撮る、編集するなどを行いたい方にはSDカード搭載モデルを購入がオススメです。

E460はキーボードの質感がやや落ちる

コストパフォーマンスに優れるThinkPad E460は5万円台から購入できるモデルです。しかし、キーボードの質感が同価格帯のノートPCであれば群を抜いた完成度を誇りますが、やはりXシリーズ、Tシリーズと比較するとプラスチックの質感が強く若干落ちます。仕事でタイピングをする方なら注意しておきたいポイントだと思います。

タッチパネルはThinkPad X1 YOGAかT460Sの2択

タッチパネルはThinkPad X1 YOGAかT460Sの2択になります。使い勝手は圧倒的にタッチパネルを想定してデザインされているThinkPad X1 Yogaになります。T460Sのタッチパネルはトラックパッドが使いやすすぎるので個人的には利点は感じません。T460 SをFHDのタッチにするならWQHDにして表示領域を広くすることを個人としてはお勧めします。

個人的なランキング

ThinkPad T460S

価格、拡張性、使い勝手的に優れた優等生。少し重いですがそれでも十分使えます。価格もX1と比べると5万円近く安く入手できるます。
Lennovoオンラインショップで購入する

ThinkPad X1Carbon

軽さは正義のX1carbonは本当にSDカードリーダーやイーサネット使わない方なら絶対こっちのほうが軽いし、使いやすいです。

carbonの高級感ある筐体の質感はMacBookと同じくらい持っていて気持ちいいです。
Lennovoオンラインショップで購入する

ThinkPad E460

お値段安めのE460はオフィスなどで使用にお勧めです。同価格のPCと比較し筐体の完成度は頭一つ抜けています。安くて使いやすいPCを考えているなら一番にお勧めしたいPCです。
Lennovoオンラインショップで購入する

ThinkPad X1 yoga

最後がタッチパネルのYogaです。少し価格が高く、手を出しにくいモデルです。タッチパネルなれるとこの上なく便利ですが、個人的にはまだもう少し価格がこなれてくるのを待ちたいです。
Lennovoオンラインショップで購入する

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

ページ上部へ戻る