ThinkPadのFnキー機能を変更する2つの方法

ThinkPadのファンクションキーは出荷時は機能キー優先

ThinkPadのファンクションキーはデフォルトでは機能キー(イラストで書かれてるスピーカーのボリューム調節なディスプレイの明るさなど)が機能する状態です。出荷時のデフォルト状態では、F1からF12のキー機能を使用する場合Fnキーと同時押しする必要があります。恐らくユーザビリティを考えての事だと思いますが、ファンクションキーは文字入力する人にって非常に使用頻度が高いキーです。今回は、その機能を変更する方法を紹介します。

ファンクションキーの機能

ファンクションキーには以下のような機能があります。

F1 (ファンクションキー1) ヘルプとサポートを開く
F2(ファンクションキー2) 選択したアイコンの名前を変更できる
F3(ファンクションキー3) ファイルやフォルダの検索
F4(ファンクションキー4) ウィンドウのアドレスバーの表示 ゲームソフトを起動中の時は画面サイズの変更
F5(ファンクションキー5) ウィンドウ等の表示の更新
F6(ファンクションキー6) 項目の切り替え
F7(ファンクションキー7) 全角カタカナ入力
F8(ファンクションキー8) 半角カタカナ入力
F9(ファンクションキー9) 全角英数字入力
F10(ファンクションキー10) 半角英数字入力
F11(ファンクションキー11) ウィンドウの表示切替、ツールバー以外の表示を非表示します。もう一度押すと元に戻ります。(全画面表示)
F12(ファンクションキー12) Word・Excelで使用するキーで名前をつけて保存

ファンクションキーの入れ替え方

多用する方は設定を入れ替えましょう。切替方法は2種類あるので解説します。

キーボードのFnキーとEscキーを同時押し。

FnキーとEscキーを同時押しでファンクションキーの機能を簡単に切り替えることが可能です。

ThinkPad T460Sの場合Fnキーのランプ点灯でファンクションキー、消灯で機能キーとなります。

Lenovo PC Experienceを使う

LenovoのパソコンにプリインストールされていたLenovo PC Experienceを使って切り替えれます。

↓Lenovo PC Experienceをクリックで起動します。

s-LPE

キーボードの設定をクリックします。

s-LPE2

従来の方法を選択します。

最後に

いかがでしたか?ファンクションキーは、かゆいところに手が届きますので、知っているとWindowsの快適性が倍になります。

この機会に是非マスターしてみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

ページ上部へ戻る