ThinkPad X1 Carbon 2017年モデルが発表!ベゼルが狭くなり、Thunderbolt 3搭載!

2017年モデルのThinkPad X1 Carbonが発表!

先日、レノボから2017年モデルのThinkPad X1 Carbonが発表されました。2016年モデルとの主な変更点はIntelの第7世代CPUを搭載し、ベゼルが狭くなりコンパクトになっている、拡張端子がThunderbolt 3とUSBタイプCになっている点などが報道されていますが、ThinkPadシリーズといえば黒のイメージですが今回からシルバーモデルも用意されるとのことです。

2017年モデルのThinkPad X1 Carbonの画面について

表示解像度はWQHD(2560×1440)、もしくはフルHDが選択可能。タッチパネルは2016年モデルと同様に全機種非搭載です。

一回り小さくなった14インチモバイルPC

本体サイズは閉じた状態で、323.5×217.1×15.95mm(幅×奥行き×厚さ)、重量は最軽量構成で1.12kgからと報道されています。現行(2016年)モデルではそれぞれ333×229×16.45mm、1.18kgだったので、重量はほぼ変わらないながらも、幅は1cm、奥行きは1.2cmほどコンパクトになっています。

拡張端子も進化!

拡張端子はThunderbolt 3×2、USB 3.0 タイプA×2、HDMI、有線LAN(専用アダプタ併用)、microSDカードスロットを装備。今回も標準サイズのSDカードスロットがないことが非常に残念です。
バッテリー駆動時間はで15.5時間。1時間充電で80%までとなる高速充電に対応しています。

生体認証も強化

生体認証機能のオプションとしては、従来の指紋リーダーに加え、顔認証用の赤外線カメラも搭載可能になっています。もちろん両者ともWindows Helloに対応します。

ThinkPad Thunderbolt 3 Dockも同時発表

ThinkPadといえばDockシステムによる拡張が定番ですが、今回ThinkPad X1 carbonの発表と同時に『ThinkPad Thunderbolt 3 Dock』も同時発表されました。これでマルチディスプレー環境などが構築しやすくなります。

北米モデルはLTE対応モデルも

ワイヤレス通信は、無線LANがIEEE 802.11ac(2×2対応)とBluetooth 4.2が搭載されています。さらにオプションとして、WiGigとLTEモデムも用意されます。日本モデルでのLTEラインナップに期待したいところです。

その他

OSはWindows 10 Proの64ビット版。CPUは第7世代Core iシリーズのU系列でi7-7600Uまでの対応予定です。メインメモリは最大16GBで仕様はLPDDR3-1866です。ストレージはSSDのみで、最大1TB。形状はM.2ですが、接続はシリアルATAとPCI Expressがオプションで選択可能になるということです。

限定クーポンでThinkPadを購入する

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

ページ上部へ戻る