ThinkPad T470sとThinkPad X1 carbonならどっちが買い?持ち運びの頻度が最大のポイント

ThinkPad14インチモデル多すぎ問題

ThinkPad X1 carbon、ThinkPad T470s、ThinkPad X1 Yoga、ThinkPad E470とThinkPadは4種類も14インチモデルがラインナップされています。はっきり言ってどれを買えばいいかわからないという方、混乱される方が多いのではないでしょうか?今回はクラムシェル型のThinkPadであるThinkPad T470sとThinkPad X1 carbonについて解説させていただきます。

余談ですがThinkPad E460も14インチのクラムシェルモデルですが、キーボードの打鍵感が他のThinkPadと比較して劣るので今回は除外しました。

両モデルのスペックに大きな差はないようだが。。?

カタログスペック的にはThinkPad X1 CarbonとThinkPad T470Sは両者ともOS、CPU、メモリなどについてはそこまで大きな差はありません。ThinkPad X1 CarbonとThinkPad T470Sの大きな違いは大きさと重さの2点に集約されると僕は思います。

ThinkPad X1  Carbonは1.13Kg、ThinkPad T470Sは1.32Kgです。ThinkPad X1 CarbonとThinkPad T470Sは200g程度の違いです。しかし、この缶コーヒー1本分の違いが持ち運びには大きな違いとなり、疲れるか疲れないか、肩がこるかこらないかなどに効いてきます。最終的に肩がこるから持ち運ぶぞ!と意気込んで買ったモバイルPCをモバイルしない人がどれだけ多いか。。

当然といえば当然ですが、値段はやや重いThinkPad T470SがThinkPad X1  Carbonと同スペックだと数万円安いです。

キーボードには両者ThinkPad X1 CarbonとThinkPad T470Sの間に有意差はない

キーボードについてはThinkPad X1 CarbonとThinkPad T470Sとの間に大きな違いがありません。うち心地は両者とも極上です。文字を打つことを仕事にされている方にならほぼ間違いなく僕はThinkPadシリーズをおすすめします。

地味に効いてくるSDカードスロットの有無

SDカードスロットがThinkPad T470Sには標準搭載されています。しかし、ThinkPad X1 carbonにはマイクロSDカードスロットしかありません。この違いは実は結構大きくて、デジカメ画像を取り込んで整理するときなどに効いてきます。

持ち運ぶか否かそれがすべて

週に数回程度持ち出して仕事をするのであれば僕は間違いなくThinkPad X1 Carbonを勧めます。14インチの機能を13インチに凝縮した機能性と軽さはストレスない心地よさを提供してくれます。しかし、持ち運ぶ頻度が少なければSDカードスロットもあり、価格の安いThinkPad T470Sを僕はおすすめします。実際、私の職場の常設用PCはThinkPad T470Sですし、持ち運び用はThinkPad X1Carbonを持っています。このサイズ感になれるともう13インチましてや11インチで作業するなんて気分にはなりません。

是非、あなたに合うThinkPadを見つけてあげてください。

クーポンでThinkPadが最大42%オフ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

広告

ページ上部へ戻る